ビタミンC誘導体はできたニキビにも効果あり

ニキビケア用品には、「ビタミンC誘導体」が必ず沢山含まれています。

 

ビタミンC誘導体とは、「L-アスコルビン酸」という物質です。

 

 

L-アスコルビン酸は、コラーゲンの生成やニキビによる色素沈着の除去、
美白、皮脂分泌を抑えるなど、
皮膚を健康に保つための成分が沢山含まれています。

 

今にきびができていて、そのニキビを早く治したい人も、
これからできてくるニキビを予防したい人も、
角質除去成分と合わせて使うことによって
より高いL-アスコルビン酸の効果が得られます。

 

L-アスコルビン酸の入っているニキビケア用品の成分表には、
「アスコルビン酸ナトリウム」、「アスコルビン酸マグネシウム」、
「リン酸アスコルビルナトリウム」、「リン酸アスコルビルマグネシウム」
などと、表示されています。

 

ニキビ用化粧品を買うときには、
「アスコルビン」で始まる成分がビタミンC誘導体であることを覚えておき、
チェックするようにすると良いでしょう。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンCは、とても強い抗酸化作用があり、
日々ダメージを受けているダメージを修復してくれている
アンチエイジング成分です。

 

ビタミンCは、食べ物から摂取することはできますが、
外から取り入れるのは簡単ではありません。

 

ビタミンCは、空気に触れるとすぐに酸化してしまいますし、
水に触れれば壊れてしまいます。

 

ですから、皮膚に直接ビタミンCを塗っても皮膚は吸収しようとせず、
逆に酸が刺激になって、かゆみや湿疹ができるなど
肌トラブルを起こしてしまいがちです。

 

そこで、ビタミンC誘導体が開発されました。

 

ビタミンC誘導体は、私たちヒトの皮膚ととても相性が良く、
使い方次第で、さまざまな効果を期待することができます。

 

ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンCと脂溶性ビタミンCの2種類があります。

 

そして、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

・水溶性ビタミンC

 

水溶性ビタミンCは、水に溶けるタイプで、
化粧水や美容液に含まれています。

 

水溶性ビタミンCは、即効性があり、皮膚につけて6〜12時間でビタミンCに変わる、
イオン導入器を用いると浸透しやすく、肌の奥まで届けることができるという
メリットがあります。

 

しかし、乾燥しやすく、アトピー性皮膚炎や乾燥肌などの敏感肌の人には
刺激が強く、肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

 

・脂溶性ビタミンC

 

脂溶性ビタミンCは、脂に溶けるタイプで、
クリームや乳液に含まれます。

 

脂溶性ビタミンCは、持続性があり、ゆっくり浸透します。

 

アトピー性皮膚炎や乾燥肌などの敏感肌の人にも刺激が少なく、
保湿性が高く安定性が高いというメリットがあります。

 

しかし、イオン導入器で浸透させることができませんし、
単独で使うと毛穴がつまり、ニキビができる原因になることもあります。

 

 

このように、ビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性とあり、
それぞれにメリットやデメリットがあります。
お肌に合わせて使っていくようにしましょう。

 

美白化粧品と呼ばれるものには、
このビタミンC誘導体が含まれています。

 

化粧水や乳液を毎日使用し、
イオン導入器を持っている人は、一週間に1回くらい集中ケアしましょう。

 

水溶性ビタミンC誘導体は、肌への刺激が強いです。
ですから、色素沈着を早く消したいと思って毎日使用すると、
逆に赤みなどの肌トラブルが起きる事もあります。

 

また、ローラー等の力刺激を毎日肌に与えると
メラニンが活性化され、シミやくすみの原因になります。

 

肌のキメも壊れてしまうことになるといけないので、
多くてもイオン導入器での集中ケアは、
3日に1回のペースにするようにしましょう。

 

キレイになりたいと思って、頑張ってケアをするのは必要ですが、
肌の調子も見ないでひたすら頑張るのは考え物。

 

肌の調子と相談しながら、自分に合った方法でケアしていきましょう。